毛深い事により学生時のコンプレックスになった事

私は名古屋市在住の24歳の男で、とある事務系の会社で働いています。

私は中学生の時から腕や足の毛が濃くて、コンプレックスに陥っていました。中学生の時に林間合宿の授業を受ける機会がありました。

林間合宿の授業の時は朝から夜になっても同級生と一緒に行動しなければいけないので圧迫感がありました。

私が一番不安に思ったのは同級生と一緒に夜の温泉に入らなければいけない時間です。

一緒に温泉に入ると、同級生に毛深い自分の体を見られると思い、温泉に入る前に休憩時間の途中で慌てて持参していたガムテープをトイレに持って行き、自分の腕や足にガムテープを貼り付けました。

そして貼り付けたガムテープをはがして、自分の毛を無理矢理取りました。

ガムテープをはがすと、体が痛いし、何回も繰り返さなければいけないので、本当に苦痛でした。合

計で8回自分の体にガムテープを貼り、そのテープを外すという行為をしました。その甲斐があって自分の体が少しツルツルになってきました。

完全に毛が取れたわけではないのですが、意気揚々とトイレから出て、同級生と温泉に入りました。幸

いにも僕の体の事について何か話しかける同級生がいなかったので、トイレで自分の体にガムテープを貼ってはがす作戦は成功したと思いました。

しかし林間合宿の授業が終わった数か月後、再び自分の体に毛がはえてきました。

それから数年経って、高校の同級生と一緒に写真を撮る機会がありました。私は楽しんでカメラ撮影で写真に撮られました。

しかし、現像された写真を見ると、自分の半袖の服から伸びた腕がが少し黒く見える事に気が付きました。

その写真をよく見ると自分の体に写った黒い部分は自分の毛という事が分かりショックを受けました。

更にカメラ撮影した本人が自分の毛が見えてる写真をクラスメイトにばらまいたという事が分かりショックを受けました。

写真をばらまいた本人に怒りの感情が出てきましたが、怒ってもどうしようもないと思い、冷静に考えました。

そんな苦い思い出があるので、コンプレックスになってしまっています。

名古屋のメンズ脱毛情報をまとめたサイトを見つけたので、参考にして脱毛に通おうと思っています。※参考サイト⇒脱毛メンズ名古屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です